HOMEエクステリア&ガーデン 新築&リフォーム施工事例アイアン門扉 > 白を基調としたエレガントなガレージシャッターの家 横浜市都筑区

白を基調としたエレガントなガレージシャッターの家 横浜市都筑区

アイアンと欧風の装飾をほどこした門周りが印象的

エレガントな門まわり
堂々としたアイアン門扉を囲む門柱は白を基調としたやさしい色づかい。
貼り合わせたボーダータイルからは繊細な表情が感じられます。


手作りシャッターゲート
隣接したシャッターゲートも同じジョリパッドとボーダータイルの組み合わせ。
笠木や枠組みにあしらわれたモールディングの細工の効果で、よりエレガントな雰囲気に。



シンボルツリーのカツラ
門扉を開けると、そこには株立ちのカツラのシンボルツリー。

ご家族の成長を見守りつつ、年月を重ねて大きくなっていきます。
紅葉もあと少し。黄色く色付く日が楽しみです。



足元は季節感のある植栽


通り沿いにはいきなり壁を立ち上げず、足元を色彩豊かな植栽が楽しめるよう、植栽スペースに。

花や緑で白壁も華やぎ、引き立ちます。



立体感をもたせた外壁
凹凸の細工をあしらった外壁は、高さやのっぺりとした印象を与えにくく、
リズミカルな表情もうかがわせてくれます。

植栽にはカツラの他にも真っ赤に紅葉するブルーベリーやアジサイなど落葉を植え付けたことで、通りからも季節の訪れが感じられます。

照明の付いた門袖
夕闇に温かく灯る照明がやさしい門まわりです。





落葉と常緑それぞれの豊かな表情を活かして

玄関前の植栽
カツラの根本には少しだけ花壇スペースに。
花や潅木類が家族や訪れる人を花や緑が出迎えてくれます。



紅葉したブルーベリー


前庭には丸みのある葉や実を楽しめるフェイジョア、甘酸っぱい実はもちろん、紅葉も美しいブルーベリー、少しリゾートっぽい雰囲気が味わえるブラシノキなどを植えてあります。



アール花壇
玄関ポーチへ上る階段袖を利用した花壇もやわらかなカーブを描いています。

ここにはあまり手を掛けなくても色鮮やかな葉色を楽しめる植栽に。

樹木には洗練された雰囲気のオリーブや葉や花が薄紫色のミツバハマゴウ、
下草にはコルジェリネやヒューケラ、イワナンテンなどなど…花の少ない冬や真夏も無敵の組み合わせです。



階段を利用した花壇



ガレージ側から玄関側を望む風景。
自然なようで、整然としています。



手間を掛けずにずっと綺麗!な人工芝が主役のガーデン

人工芝が年中美しい庭
ガレージ側から庭を望みます。緑がとても鮮やか!ですが、実は人工芝です。
その向こうには化粧砂利とテラスで地面が出ているのは花壇のみ。

手を掛けずに美しさを保つ、ローメンテな庭の工夫があちこちに凝らされています。



シマトネの根本植栽




主庭の主木シマトネリコの足元には斑の入った明るい葉色の宿根草や潅木類でグランドカバー。


下草植栽



庭中央オリーブの花壇は
ガザニアやイワナンテン、ギボウシなどこちらもカラーリーフで美しく彩られています。
手間のかからない人工芝の主庭
人工芝なので、どんな季節でもお庭に踏み入ってテーブルセットを置いて寛いだり、
ご主人のゴルフの練習、お子さんのサッカーの練習もOK!



主庭のフォーカルポイントには目隠しを兼ねた装飾ウォール

目隠し装飾壁
テラスの真正面、リビングダイニングから眺めた場所にはリッチな装飾ウォール。
夜はライトアップでムーディーにお庭を照らします。



コルジェリネ寄せ植え




コルジェリネを中心とした寄せ植えなので、いつでも華やか。
装飾ウォールから見た庭
化粧砂利や塗り壁、植栽…それぞれの素材が引き立て合って、クオリティを高めてくれます。



カラーリーフの寄せ植え

和室の前の花壇にはワインレッドを基調とした植栽

銅葉を基調とした和室前の花壇
和室の明り取り窓の前にはチラリと緑が覗くよう花壇が配されています。
銅葉ニューサイラン
ここは渋めに銅葉ニューサイランをメインとしたワインレッドが基調の植栽。ブルーベリーやナンテン・オブセスなどで構成。



白を基調としたエレガントなガレージシャッターの家 横浜市都筑区のお問い合わせはこちらから

TOPへ戻る