HOMEエクステリア&ガーデン 新築&リフォーム施工事例シンプルモダン&スタイリッシュ > オープン外構からほどよい開放感のあるエクステリアへ 横浜市都筑区

オープン外構からほどよい開放感のあるエクステリアへ 横浜市都筑区

デザインブロックの外壁
中高木や潅木類によって構成されていたオープン外構が、今回のリフォームを機に
塗り壁と汎用部材で道路と敷地をスッキリ隔てられました。

プライバシーを守りつつほどよく緑が融合したデザインです。




ba_view_before_h4
0083


以前は木々が所々をカバーしていましたが、どことなくインパクトが感じられない印象です。

植栽の手入れも手間がかかっていたようです。
ba_view_arrow_01
ba_view_after_h4
IMG_56101
そこで、白壁と汎用部材などシンプルな素材を組み合わせて
道路からの進入や視界をさりげなく区切りました。

それぞれに開口部や隙間を設けてあるため、外からも中からも開放感も感じることができます。




IMG_56111
銅葉のニューサイランが白壁に映えます。
周囲には冬場も葉色が楽しめるよう、ギンバイカやイワナンテンなどの美しい斑の入るカラーリーフを植栽しています。






IMG_5612
主庭側に植栽したソヨゴがしっかり目隠しの役割を果たしています。
IMG_5604
有孔ブロックをデザイナーズパーツと同じラインで入れて、縦のラインをスッキリと見せています。


ba_view_before_h4
0182



建物の側面はキッチンやリビングですが、オープンすぎてプライバシーが保てず、植栽だけでは間が持たない状態でした。
ba_view_arrow_01
ba_view_after_h4
IMG_5613
こちらも、植栽スペースを少し残しつつ、外部からの視界や進入をさりげなく区切りました。
白壁と木の雰囲気を再現した汎用部材のコンビネーションが緑とも相性も良く、上品に仕上がっています。

さらに、問題の水遣りも自動潅水機を設置して手間を軽減しました!



ba_view_before_h4
0128
お庭は2ヶ所のはきだし窓の前に、コンクリートのたたきと出来合いの立水栓という、少し無機質な雰囲気でした。
ba_view_arrow_02
ba_view_after_h4
IMG_5631
たたきをテラスにし、その一部を立水栓にリフォームしたことで、生活動線もスムーズに。

テラスからはお庭にも出やすく、スッキリと使い勝手の良さそうなお庭に変身しました。





IMG_3031

夜のライトアップ。
オリーブが照明に照らされた様子が柱の間からも
さりげなく見える仕組みです。
花壇の小さなブルーベリー





後日メンテナンスにうかがってみると
花壇に植え込んだ小さなブルーベリーが紅葉で真っ赤に染まっていました。

オープン外構からほどよい開放感のあるエクステリアへ 横浜市都筑区のお問い合わせはこちらから

TOPへ戻る