HOMEエクステリア&ガーデン 新築&リフォーム施工事例トータルデザイン   > カーブを描いた壁にモザイクタイルのボーダーラインが美しい 港北区

カーブを描いた壁をモザイクタイルでかわいく飾り付け 横浜市都筑区

カーブを描いたデザイン壁
アールを描いた外壁にモザイクタイルや鋳物の飾りを用いて、可愛らしい印象にリフォームしました。
ba_view_before_h4
以前のお庭



以前は桜の木を中心とした中高木と芝生からなる、
かなりオープンな外構でした。

リビングは通りから全面的に見えてしまうため
厚手カーテンを完全に開けられない状態でした。
ba_view_arrow_01
ba_view_after_h4
スリットで圧迫感のない壁
そこで足元からしっかりと目隠しする壁を新設。
高さを抑えつつ、等間隔で入ったスリットにより圧迫感を抑えた、さりげない目隠しができました。
道路側の壁はアール曲線を描いて植栽ゾーンを区切るデザインのため、
緑もきちんと取り入れられます。
お勝手口への乱貼りステップ
お勝手口からゴミを集積所へ持ち運ぶための生活動線も
きちんと確保。(正面からは見えません)
カーブの美しい壁
限られたスペースを逆に広く見せてくれるのがカーブのなせるワザ。




微妙な隙間も目隠し壁でさりげなく視線をカバー

ba_view_before_h4
隙間の多かったお庭
ちょっと微妙な開放感が難しいところ。
潅木類や草花も生長しすぎたり枯れたりと、手を焼いていたそうです。
ba_view_arrow_01
ba_view_after_h4
境界をすっきり区切りました
門塀は残しつつ、新設した壁によりすっきりと庭と外界とが区切られました。
これからは通りの目線をあまり気にせずにテラスでお子さんと遊んだり、寛ぐことができそうですね。
低めの壁と常緑樹の目隠し植栽
塀は低めですが、庭側からは意外なほどの安心感が感じられました。
次期工事ではテラスを新設予定のため、草花や潅木類などは寂しくならない程度に植えてあります。




季節感を楽しむ心の余裕が生まれるお庭

季節感を楽しむ花壇


正面壁の前の花壇はささやかな植栽スペースですが、これだけでも十分、季節感を感じ取れます。
一番目に付く部分なので、常に華やかにしたいですね。
変色前のポップブッシュ







目隠しに植えたポップブッシュはやわらかい葉の雰囲気とおしゃれな葉の色が楽しめる常緑樹でも基調な存在。

寒さに当たるともっと紫色に変色して行きます。
樹形の美しいジューンベリー
玄関の傍らにはジューンベリーを植栽。

もう葉が落ちつつありますが、来春咲き始める白花が楽しみです。
鋳物スリットフェンス
スリットにはアイアンの飾りを。
モザイクタイルは施主様がもっとも悩まれた素材です。
サンプルをたくさん取り寄せて、こだわって選ばれたので思い入れも深まりそうですね。






カーブを描いた壁をモザイクタイルでかわいく飾り付け 横浜市都筑区のお問い合わせはこちらから

TOPへ戻る