HOMEスタッフブログ > 暗渠排水(あんきょはいすい)工事

暗渠排水(あんきょはいすい)工事

水捌けの悪い場所

今回は地味ですが、とても大切なお庭の排水のお話です。

お庭や外回りに水捌けの悪い場所はありませんか?
いつまでも水が引かず、ジメジメとした環境は建物や植物、木々に悪影響を及ぼすことも。

こちらは進行中の現場ですが、周囲の敷地が高く、
そこから雨水が集まってしまう状態。

雨の後、行ってみると5センチは溜まっています!



排水されない庭



雨は止んでもこのように水が溜まったまま。
大袈裟ですが、浅い池のような状態。

もちろん、このままでは砂利も芝生も水に浮いてしまいそうです。

そこで実施するのが今回の暗渠排水工事です。
土を掘って配水管埋設

暗渠排水とは、大雑把に言うと地面の排水を改善するために行う工事のこと。
今回はもっとも一般的な有孔管を埋設して雨水枡まで通す方法を行います。

まずはその管を入れるため、最も水捌けの悪い場所から雨水枡まで土を掘って行きます。
砕石と透水管
掘った所には透水性のあるシートを敷き、砕石を周囲に敷き詰めて、穴が所々に空いている有孔管を配置します。

有孔管
テラスまで高さがあまり無いため、雨水枡までは緩やかな勾配を付けてあります。

透水管を入れた状態




ここも周囲からの水が溢れていた場所なので、管が配置されました。
仕上げ


さらに管の上に砕石を被せて、地上部からのも透水性を高めます。

基本的にはこれで上から土を被せれば完成。
一見何も無いようで、排水は大分改善されます。

これで大雨の時の不安も払拭されそうですね。
目地の排水

こちらは駐車場の土間コンクリートの目地部分。
やはり雨の後は水が川のように流れ込んでいました。

ここは電動シャッターゲートの電気系統の配線があるのでショート等の電気トラブルを回避したいところ。

すでに排水溝に向けての勾配は付けてありますが、さらに途中に排水口を入れました。

地味な作業ですが、この先は植栽を残すのみ。

庭の仕上がりイメージ
こんな雰囲気で、カラッとして色彩鮮やかなドライガーデンに仕上げて行きたいと思います。
完成事例はこちらです!

TOPへ戻る