HOME新着情報 > 外構では欠かせない目隠しにお役立ちのツール&目隠し常緑樹

外構では欠かせない目隠しにお役立ちのツール&目隠し常緑樹


外構を検討する時、必ずと言っていいほどご要望に出るのが「目隠し」。
いくら外観が素敵でも、室内や庭が外から丸見えではリラックスできませんね。
家で過ごすひとときをより快適に過ごすために、プライバシーを守ってくれる目隠しは外構、庭づくりには必須です。
今回はその視線の種類などを知って、目的別の目隠しアイディア&ツールをご紹介して行きます。

視線はどこから?まずは目かくしの目的をはっきりさせよう

視線はどこから?まずは目かくしの目的をはっきりさせよう

外部の視線をカットする、とひとことに言っても、それがどこからの視線なのかを知ることが大事です。

例えば、向かいに建つお宅からなのか、通りを歩く人なのか、2階などの上部からなのか…

視線の距離や高さも、目隠しを検討する時には考える必要があります。



有孔ブロックなどでほどよい目隠し

例えば、写真のように道路との高低差がない場合、
面した道を歩く人との距離感も近く、ダイレクトに目線も入ってしまいます。
とはいえ、それを全て高い塀やフェンスで囲もうとすると、どうしても暗さや圧迫感が生じます。

また防犯上も、敷地内に侵入した不審者の行動を目隠ししてしまうことも。
むしろ内部で動く人影ぐらいは見えていた方が外部から発見しやすい、とも言えます。

そこで、この事例ではどうしても隠したい部分を除いては低目の壁でグルリと囲いつつ、開口部のある穴あきブロックやガラスブロックで圧迫感を軽減しています。

こうしたツールは明かり取りを兼ねた防犯対策もできて一石二鳥。デザイン的にもモダンな雰囲気を演出できます。




室内から見た目線
室内から立った状態で見ると、部屋の床は地面から50cm前後の高さがあるため、
通りを歩く人の大人の頭や肩のラインが見えるぐらいになります。
前のお宅の窓とはほぼ同レベルの視線の高さです。

これを全て高い塀で覆うとかなりお庭が暗いイメージになるため、ここでは常緑樹や落葉樹を織り交ぜて
自然な雰囲気で目隠しを行っています。
また、要所に取り入れたガラスブロックのお陰でほどよく光を取り入れられています。

デザインブロックの活用


もし、とにかく高い塀を建てることに抵抗がある場合は、写真のような等間隔に穴の空いたブロックで構成すれば、とてもモダンで開放感のある目隠しも。

こちらはご家族というより、ワンちゃんの目隠しに立てた塀。
外部の目線があると怯えて吠えてしまうためだそうです!


外部の視線をカットする、とひとことに言っても、それがどこからの視線なのかを知ることが大事です。 例えば、向かいに建つお宅からなのか、通りを歩く人なのか、2階などの上部からなのか… 視線の距離や高さも、目隠しを検討する時には考える必要があります。
連続するパーテーション状の目隠しブロックにより、通りからの目線を隠しています。
このように小さなツールを上手く組み合わせることで、圧迫感や暗さを軽減した目隠しも可能です。



開放感のある目隠しを演出してくれるツールたち

ポーラスブロック150c白土
一部に窓のように入れたり、ボーダー状に入れて、開放感を演出!
<オンリーワン ポーラスブロック150c白土>
ガラスブロックウェーブ95
明かり取りといえばガラスブロック!
凹凸模様の製品が色々で表情豊かに。
<オンリーワン ガラスブロックウェーブ95>
スクリーンブロック
組み合わせで一枚のパーテーションにすればモダンな目隠しに。
<オンリーワンスクリーンブロック キュービック・フォー ホワイト>

目隠しといえば、の定番の樹種にしばられないで!

コニファの目隠し
目隠し樹木といえば、やっぱり常緑樹を何本か…
と誰もが思いがち。今も10年以上前に大流行したコニファーの列植を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

しかし、やはり同じ樹形の木、品種も一種類だけでは
また緑のグラデーションとしても変化に乏しく
おしゃれな表情を出しにくいものです。

しっかり目隠ししてくれる常緑樹の隣には、秋には紅葉して落ちる落葉樹、近くには半常緑の低木など
変化に富んだ植栽であれば四季折々の変化も楽しみながら目隠しできてしまいます。
明るいドライガーデン
この事例はオリーブを中心としてフェイジョア、ポップブッシュなどの常緑樹により、
庭より1mほど下にある道行く人の目線をカットしています。

実はコニファが列植された1つ上の写真はこちらのビフォーの状態。
このリフォームによってスッキリ明るく目隠しされた、ドライな庭に生まれ変わりました。
その後の目隠しカラーリーフ

この後、下草や低木もかなり生長を遂げ、今ではシルバーリーフやワインレッドの葉色が美しいグラデーションをつくり出して、素敵な目隠し植栽が完成しています。

→オリーブが印象的なメンテナンスしやすいドライガーデン 横浜市青葉区

玄関前の目隠し常緑樹は明るめなミモザのレア品種で!

ミモザブリスベーン

こちらは玄関先への目線を遮るために植えた常緑樹‘ミモザブリスベーン’。
細長い黄金色の葉がモダンな目隠し兼シンボルツリーの注目株です!

まだ流通が少なく最初の1~2年は2m前後でしたが、
根が付くとアッという間に見事なまでに生長して立派な目隠しに!

植栽したてのミモザブリスベン


植栽したての頃はこんなかわいらしい状態でした!



下からの目線は下草や潅木類による目隠しも!

紅葉を楽しむ目隠し樹木
こちらは目隠し樹木による完全なオープン外構。
手前で真っ赤紅葉しているブルーベリーは半常緑のため、全ては落葉しません。

右側手前が銀色がかった葉色が個性的な常緑のアカシアブルーブッシュ。
こちらも1mほど下からの目線を隠すため、下草や潅木類も常緑を多く植えています。

常緑樹もさまざまな色味を楽しむのが今どきです!
その後の目隠し樹木によるオープン外構


半年後の同じお宅です。
青々と木々も下草も茂って、大分目隠しとして立派になってきました。

こちらは鎌倉市の風致地区による緑化率があり、
道路に面した部分は植栽メイン。
ちょっと後のメンテナンスは大変ですが…とても美しい緑溢れる外観に変化を遂げています。

目隠しだけではない、プライベートな空間づくりで心のゆとりを生むデザインウォール

アパートの外廊下も外部の目線をカット

やはりお庭はそこに暮らす家族にとって大事なプライベート空間。
目隠しするだけではなく、癒しや寛ぎを感じたいですね。
たとえば、自然の風や香り、雰囲気などを
いつも目や耳、香りなど五感で感じられるような
特別な異空間がお庭に再現できたら素敵ですね。

そのためには、やはり一部だけでも近隣の視線や生活感をシャットアウトする必要も生じます。
せっかくお庭で寛いでいるのに、外の生活がすぐ感じられる環境では、なかなか癒しの庭とまでは行きませんね。

このパースは実はアパートの外廊下。
住人の方がドアを開けて出発する時にこんな景色が現れたら優雅な気分になれそうですね。

リビングからの眺めを切り取ったデザインウォール
こちらはリビングからの眺めを重視したデザインウォール。
お隣の塀とフェンスをすっぽりと隠して、ふと日常を忘れさせてくれる優雅な雰囲気に浸れる背景をつくりました。

実は隣家の敷地はこちらより1mほど高いため、お互いに心地よく過ごすためにも
庭への目線をカットする横桟フェンスを上部に更に入れています。

階段の踊り場の目隠し壁

こちらは階段のワンコーナーに設けた
ホッと和める花壇のある装飾壁。

階段を下りて来て、こうしたスペースがあれば
バラの花がらを摘んだり、灯った明かりに照らされた草花を眺めて自然に気分がほどけたり…
心のゆとりにも繋がりそうですね。


部屋からの眺めはエレガントに、外からはお庭の生活感も目隠しできる

デッキでの暮らしを目隠し
暮らしの中でデッキなどでの時間は優雅なひとときを演出してくれるだけでなく、
洗濯を干したり、室内に置けないものを収納したりと、目られたくない部分も多いもの。
デザインウォールによる目隠しを行えば、室内からの眺め+屋外からの目隠しが完璧にできるのも特色。

こちらのお宅の場合は、ワイドなデッキの一部は室内からおしゃれな眺めを演出しつつも、
傍らではお洗濯も干したりと活用していますが、外側からは室内の様子も洗濯物もほとんど見えません。
洗濯物なども目隠し


洗濯物などデッキはさまざまな目隠ししたいものも色々。


道路側からの外壁

道路側からはほとんど中は見えません。
塀にはスリットなど開口部を入れているので
さほど圧迫感も感じずに目隠しできています。

このように、高さのある壁でもデザイン的に変化を付けたり
開口部を設けることで、開放感を感じさせる
プライベート空間での暮らしが過ごせます。

アール形状の目隠し
こちらのシンプルなお宅は擁壁が高く、気になるのは下からの目線です。
この場合、塀の高さはそれほど必要なく1.5m前後の高さでもほぼ内部は見えません。
ウッドデッキ内部
内部からの様子です。
下の道路からの目線は全く感じられません。

こちらではやはりお洗濯を干したり、ガーデニングを楽しんだりと、お庭での時間を過ごすことも多いとか。

適度な目隠しでプライベートな時間が気兼ねなく過ごせそうですね。

こちらの事例は以下からご覧いただけます。
下からの目線に対する目隠し

いかがでしたか?目隠しにもさまざまな視線があるんです!

視線の種類や実際の暮らしから、どのような視線をカットしたいのか、
何が気になるかをしっかりリサーチした上で
外構に取り入れるさまざまな目隠し方法をご検討くださいね。
弊社の施工事例からも色々と参考にしてみて下さい。

TOPへ戻る